塾講師はいかが?

いかが ■誰でも簡単というわけではないけれども

昼間に正業を持っている人が少しでも副業をして稼ごうと思うなら、本業が終わってから仕事をするしかありませんよね。 そんな人にオススメなのが、塾の講師の仕事です。 塾講師というと学生のアルバイトのイメージを持つ人も少なくありませんが、必ずしもそうではないのです。 社会人の副業として塾講師がオススメできる理由のひとつに、仕事が夕方や夜であるという点があります。 ほとんどの塾は子供たちの学校での授業が終わってから始まるので、本業を持っていてもそちらが終業してから塾講師の仕事に取り掛かることが可能なので、時間的に余裕が持てます。

また、専門的な教科を指導するので、毎日ではなく週に数回というサイクルで仕事ができることも負担となりにくいといえます。 ただし、指導する科目に対しての専門知識が必要となるので誰でも簡単にというわけではありません。 とはいえ、学生時代に教員免許を取得していた人や専門知識の豊富な人などには向いているはずです。

■一度トライしてみては

報酬は熟の指導形態や内容などにより異なりますが、個人指導で時給1200円程度から、集団指導では2000円程度が相場といわれます。 やはり専門職といわれる仕事なので、一般的な副業と比較すると高めの設定になっているようです。 さらに、経験を積んで卒業生が志望校に合格する率が多くなるとそれが評価され、時給アップすることもあるのでやりがいにも繋がることでしょう。 塾講師の募集は新年度が始まる4月前に多く行なわれるようです。

また、受験が本格化する12月から受験直前までの期間も募集が増える傾向にあります。 この時期は比較的短期での募集も多いので、一度試しに応募して、自分に向いているか、その後も続けられそうかなどの感触を見てみるのもいいかもしれません。 最近の傾向としては、集団指導より個人指導の塾が増えているようです。 そのため、個人指導のできる講師のほうが募集が多いのが実情です。

ご当地キャラに変身!

変身 ■副業の取り組み方

副業というと芸能人やタレントが本業以外にお店などを行なって、たくさん稼いでいるイメージを持っている人もいるでしょう。 その逆に、封筒の宛名書きやラベル貼りといった細々とした内職的なものを思い浮かべるかもしれません。 しかし、現在の副業はいろいろな職種、業種に亘り多くの仕事があるので、自分の希望するやり方や報酬で選択することが可能となっています。 副業というからには本業を持っておりそちらをおろそかにすることはできませんから、どうしても本業を終えてからや週末などの空いた時間を利用することとなります。

そのため副業を継続して行っていくというのは、思ったよりも大変なことなのです。 したがって、期間を決めたり目標金額を設定しそれをクリア時点でその後の取り組みについて再考するということも必要なのです。

■今の旬を副業に

短期的な副業として最近需要の多いのが、ご当地キャラクターの着ぐるみを着てイベントに参加するというものです。 ご当地キャラクターは全国的にブームで、各地に多くのキャラクターが存在しています。 ご当地キャラクターというほどではなくても、地方のイベントやショッピングセンターでの催しなどに着ぐるみの要請は結構多いものなのです。 この副業のメリットとして挙げられるのは、このようなイベントは多くが週末に行われるという点です。 つまり、本業を持っていてもそれに差し支えることはありません。

また顔が見えませんから、副業をしていることを周りに知られたくない人にも向いています。 さらに、特に難しい動きやアクションをする必要がないのもメリットです。 何よりも、普段と違う自分になれることでストレスの発散にも繋がるかもしれません。 夏休みや冬休みといった学校の定期休暇に需要が多く、短期間に稼ぐことのできる副業といえます。

在宅ワークの注意点

注意点 ■少しでも儲けたい

今、在宅ワークが人気です。 この不景気が続く中、給料が増える見込みはまったくなく、その一方で物価だけが上昇していき家計を圧迫されている家庭がほとんどでしょう。 そんな状況を少しでも何とかしたいと、在宅ワークに取り組む人が増えているのです。 しかし、在宅ワークをする場合には注意が必要です。

在宅ワークで得られる報酬は、一般的な会社勤めはもちろん、アルバイトやパートなどと比較してどうしても低めなのが現状です。 中には特殊技術やスキルなどを生かした仕事で高報酬が期待できるものもありますが、それらは一部の人たちだけの仕事です。 在宅ワークをするほとんどの人は、単純で簡単にできる仕事を選んでいるのです。 けれどもそれではなかなか多くの報酬を得るのは難しいといえます。 したがって、少しでもたくさんの利益を得るためによりハイリターンの期待できる仕事を探すことも少なくありません。

■こんなのは注意

たとえば、商品の組み立てやパッケージの箱詰めといった仕事の場合、一旦部材を買取りすれば作業単価を高く設定してもらえるケースがあります。 きちんと商品が納品できればいいのですが、規定に達していない、しっかり組み立てられていないといった理由で買い取ってもらえないこともあるのです。 その場合には、業務に対する報酬はおろか、部材の買取り分の支払いが必要となってしまうというわけです。

また、仕事の発注前に資材や機材を購入するよう指示されるケースもあります。 これらは購入したはいいけれども、その後仕事の発注が一切ないといった報告も多数されています。 英語やレッスン書といった教材販売の仕事も、買取りが条件であるなら手を出さない方が無難かもしれません。 そういった買取りの仕事すべてに問題があるとはいいませんが、トラブルになることも少なくないので充分な注意が必要です。

最新情報

お探しの記事は見つかりませんでした。

検索キーワードを変更し下記より再検索してください。


サブコンテンツ

このページの先頭へ